ナクル湖のシロサイ。意外とあっさり会えました。ナクル湖のシロサイは、ミナミシロサイと言い、かつては20頭ほど迄数が激減しましたが、南アフリカ共和国から移入されてきて繁殖保護され、現在は2万頭まで回復しています。亜種であるキタシロサイは2018年の3月に最後のオスが無くなり、現存するのはメスが2頭のみです。

ナクル湖のシロサイ。意外とあっさり会えました。ナクル湖のシロサイは、ミナミシロサイと言い、かつては20頭ほど迄数が激減しましたが、南アフリカ共和国から移入されてきて繁殖保護され、現在は2万頭まで回復しています。亜種であるキタシロサイは2018年の3月に最後のオスが無くなり、現存するのはメスが2頭のみです。

ナクル湖のシロサイ。意外とあっさり会えました。ナクル湖のシロサイは、ミナミシロサイと言い、かつては20頭ほど迄数が激減しましたが、南アフリカ共和国から移入されてきて繁殖保護され、現在は2万頭まで回復しています。亜種であるキタシロサイは2018年の3月に最後のオスが無くなり、現存するのはメスが2頭のみです。