幼獣は、成獣に捕食されるのを防ぐため、孵化してすぐ木に登り、ある程度大きくなるまで樹上で生活します。

幼獣は、成獣に捕食されるのを防ぐため、孵化してすぐ木に登り、ある程度大きくなるまで樹上で生活します。