風まかせ旅まかせ Vol.28 鳥(酉)にまつわる些細な話

正月休みの間、軒下に転がっていた鉢皿と1mほどの塩ビパイプで、鳥用の小さな餌台を作った。早速庭の梅の木に縛り付け、ミカンを2つ半分に切り餌台にのせた。ついでに朝食のゴハンの残りを一握り入れておいた。その状態で室内に戻り、カーテンの隙間から覗いていると、10分もしないうちに小さな若草色の鳥が2羽やってきてミカンを啄み始めた。双眼鏡を取り出し覗き込むと目の周りが白い。メジロだ!メジロが住まいの近くに居ることが嬉しくなり、椅子を運び本格的に観察を始めた。
しかしものの数分で、メジロは大型の鳥に追いやられてしまった。甲高い鳴き声が仲間を呼んでいるかの様子、すぐに仲間の鳥が2羽やってきた。ヒヨドリだ。この鳥はよく自宅前の公園で見かける。盛んにミカンを啄んでいる。寒いこの時期には餌となる虫も少ないのだろう、と思う。
あらかた食べ散らかしたヒヨドリが飛び去ると、数羽のキジバトがやってきて、芝生に落ちたミカンの皮やゴハンをきれいに後片付けしていった。1時間ほどの間に3種10羽ほどの野鳥を観察することができた。新年早々得した気分だ。
ところがその少し後になって梅の木を見ると、周辺に鳥の羽が散らばっているではないか。高さ2mくらいの位置に設置したにも関わらず、どうやら地面を掃除していたキジバトが猫に狩られて…。正月早々の得した気分が、なんだかちょっとした罪悪感に変わってしまった。同時に、20年以上も前にナイロビの駐在員から聞いた話を思い出した。
駐在員が仕事を終え自宅に帰ると、当時雇っていたハウスガールが嬉しそうにやってきた。「今日はとてもいいことがあったのよ。私が朝、洗濯をしていると、リビングの窓から大きな白い鳥が飛び込んできたの」と言う。それで、その鳥はどうしたのって聞くと、
「もちろんお昼ご飯に食べちゃった。いつも神様にお祈りしているから、きっと神様からのプレゼントね。とてもおいしかったわ」。
今年は、私も年男。どうぞ、皆様にも神のご加護がありますように。
本年もよろしくお願い申し上げます。

風まかせ旅まかせ Vol.27 ダーウィンをたずねて

世界各地で内紛やテロが常習化し、ほぼ毎日のように新聞やテレビのニュースで取り上げられている。当然というべきか、海外旅行者数が減り、海外旅行に興味を持たない若者も増えているようだ。業界紙も紙面の半分以上を国内旅行や訪日旅行に割き、同業のヨーロッパ専門店がいつの間にか国内旅行を始めていたりもする。
さて、弊社のようなアフリカやバイクツアー専門店は、どうしたものか。訪日アフリカ人の旅行手配をすることになるのか。外国人ライダーの北海道ツーリングか?! ここ数年、この難問と格闘しているわけだが、わかっていることはただ一つ。時代とともに、変化していくことが必要だということだ。
15年ほど前、貯まったマイレージを使ってイギリスへ2泊4日の小旅行に出かけた。主目的は、チャールズ・ダーウィンが家族とともに40年を過ごしたダウンハウスを訪れることだ。ロンドンで1泊し、翌日は列車とバスで約1時間の郊外へ。バス停から徒歩20分ほどだろうか、住宅地を抜け樹々の多い緩やかな丘陵地帯の森の中に、ダウンハウスはあった。小さな博物館で、他に来館者はいない。女性の解説員が、研究室などを中心に案内してくれる。顕微鏡や様々な標本類、机には当時の手紙やペン、インクなどもそのまま残されている。1階の研究室からは広い芝生の庭が見渡せる。この静かな環境の中で、彼はあの偉業を成し遂げたのだ。
ダーウィンは1831年から1836年まで、5年をかけてビーグル号で地球を一周している。大学を出たばかりのわずか22歳。この航海の23年後、『種の起源』を発行し、進化論とともに一大論争に発展したのは周知のとおりだ。
若きダーウィンを乗せ、ビーグル号が航海した世界の海、大陸、島の数々、カーボヴェルデ、フェゴ、ガラパゴス、セントヘレナなど。少年の頃に読んだ『ビーグル号航海記』は、今思うと、将来自分が旅する目的地への指針でもあったかも知れない。あの頃のワクワクする気持ちは変わっていないが…。
『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない、唯一生き延びるのは変化できる者だ』  チャールズ・ダーウィン
今もダーウィンから学び続けている。
写真 : ダーウィンがビーグル号の航海の後に住んだダウンハウス

風まかせ旅まかせ Vol.26 旅の楽しみは、読書!

今回の記事のひとつに、「旅の必需品は?」というスタッフへの取材があった。自分でも考えてみたが、思い当たらない。バイクなら2泊3日の国内ツーリングでも、2カ月のアフリカ・オーバーランドツアーでも、持っていくモノはさほど変らない。着替えが1セット多いくらいで、あとはビーチサンダルと携帯電話用の電源プラグくらいだろうか。しかし、大きな違いが一つあった。本だ。海外に行くときは、必ず、その期間に応じた何冊かの本を持っていく。たとえ着替えを忘れても洗面用具を忘れても、本さえあればそれでいい。仕事でもプライベートでも、旅行とその行き先が決まった時点で、どんな本を持っていこうかと考え始める。重要かつ、ささやかな楽しみだ。
本を読む楽しみは、当然人それぞれだが、自分にとって一番の贅沢は、実際旅をしている場所、あるいは地域で、昔そこを旅した旅行家や探検家の旅行記を読むことだ。時には、昔読んだ本をわざわざ持って行き、再び読み直す、なんて事までしている。以前、タクラマカン砂漠を縦断しようとホータン川沿いでキャンプをしていたとき、スヴェン・ヘディン著「さまよえる湖」をヘッドライトの明かりで読んだ。外は風があり、砂がテントにぶつかりザーザーと音がする。少年の頃読んだ本なのだが、とにかく臨場感が違うのだ。ヘディンやスタイン、大谷探検隊が旅したシルクロードの砂漠をいま自分が旅している。そう思うとワクワクを通り越してゾクゾクする。
ナイル川をエジプトからスーダンのジュバ(現・南スーダン)まで目指した旅では、ブルースの「ナイル探検」やアラン・ムーアヘッドの「白ナイル」を持参した。毎日オンボロ船の甲板で蚊に刺されながら、夢中になって読んだ。船のスピードが余りに遅く、読むスピードの方が早くて読書の時間調整が必要だった。ハルツームから南はパンツも履いてない人々が住む村が続くので、人々の生活もブルースが旅した200数十年前とそう変りないだろう。
サバンナのキャンプでは、ライオンの遠吠えを聞きながら、ヘッドライトで読むジョイ・アダムソン著の「野生のエルザ」シリーズがたまらない。何しろ直ぐそこに野生のライオンがいるのだから…。
「万巻の書を読み、万里の道を行く」という中国の古い言葉がある。これからもたくさん旅をして、多くの本を読みたい。そして旅のお供には臨場感溢れる昔の旅行記・探検記、お勧めです。
写真 : キャンプ旅の多かった80年代

風まかせ旅まかせ Vol.25 アフリカの人々の平和を願う

今年でアフリカとの関わりも40年になる。ちょうど40年前の秋、バックパックを背負い、ジブラルタル海峡を船で渡りモロッコのタンジールに上陸した。フランス語もろくに話せないまま、安宿に泊まり、時には野宿や民家に泊まりながらサハラを越え西アフリカへ。そしてザイールの密林地帯を越えて東アフリカを目指した。1年におよぶ壮大な貧乏旅行だった。数え切れないくらい多くのアフリカに住む人々の世話になった旅だった。電気も水道もない、もちろん宿もないような小さな村々で、何度食事の世話になり、宿を提供して貰ったことか。アフリカ人は困っている人を見捨てない。モノのない生活だけど、心はなんと豊かなのか。この強烈な体験が、将来に渡りアフリカと関わって行きたいという気持ちに繋がったのだと思う。
今号の特集で、賀曽利隆氏と対談して、改めてそんなことを思い起こした。この旅行から40年、幸いにも好きなアフリカを毎年何度となく訪れ、多くの国々、地域を旅することができた。時にはスリやドロボーと遭遇し、横暴な国境の役人や悪徳警官との攻防戦も多くある。それでも善良で純朴な人々との出会いや、壮大な自然の魅力は尽きない。それぞれの国々にそれぞれの思い出があるので、ニュースで内戦やテロ、エボラ熱などの報道があると、世話になった地元の人々やガイドの若者は今どうしているだろうかと、気がかりでしょうがない。
ここ数年で訪問しにくいアフリカの国々が増えてしまった。美しい砂漠や豊富な遺跡群を持つリビア、特異で豊かな民族文化を持つマリなど、お客様に紹介できないのが残念で仕方ない。一刻も早くそれらの国々に平和が訪れてほしいと願わずにいられない。
写真 : ’77年、ウガンダ。赤道のモニュメントで記念撮影

風まかせ旅まかせ Vol.24 弊誌創刊150号に想う

――旅はやっぱり一人旅、ほんものを求める人々のコンサルタント、若者よ旅に出て太陽を掴め!――
1978年7月に発行された『どぅどぅわーるどにゅーす』第1号のキャッチコピーだ。しみじみ時代を感じる。
弊社が旅行業のライセンスを取得したのが1980年なので、当時はまだ『どぅどぅわーるど・アフリカ同好会』で、正式には旅行会社になっていないノンビリした時代だった。その記念すべき第1号(写真)は、A4の紙1枚の表裏で、縦も横もなく、斜めの行まである。めちゃくちゃで読み難いったらありゃしない。素人臭さムンムンで、なにやら笑ってしまうが、大変貴重な第1号だ。
そして、今回が創刊150号。37年かかったのだから、年平均4号の発行となる。あっという間だったような、とても長かったような、複雑な気持ちだ。お金が無かったせいもあり(たぶん!?)、紙1枚のニュースが3年ほど続く。その後、A3の2つ折4頁となり、変形の小型新聞になったり、変形正方形になったり様々に変わっていく。頁数も記事の内容も現在とは大きく異なり、ケニアやセネガルの旅行と一緒にハワイやオーストラリアの旅行を提供したり、会社の試行錯誤の時代も感じられる。
2000年に入り現在の形に定着したものの、当初は全頁モノクロ。やがて表紙だけカラーになり、印刷代が下がったせいか現在は全頁カラーになっている。これだけ見ると会社の成長とともに順調に弊誌も成長(?)してきたように思えるが、いまだに毎回試行錯誤は続いている。
年代別に仕分けされたファイルをペラペラとめくっていると、37年の間に企画したツアーや地域、当時のスタッフや記事などが飛び出してきて思わず笑ってしまう。整理してアーカイブを作ってみるのも楽しいかなと思う。
最近はホームページを見て、弊社に関心を寄せてくださるお客様も多い。活字離れが、こんな末端でも進んでいるのだろう。ひょっとすると将来は、『DODO WORLD NEWS』も、データ配信になってしまうのかも知れない。ただ、どんなカタチになっても、創業社長熊澤の基本理念であった、「偏見に満ちたアフリカ情報を、できるだけローカルな視線で正直に発信するベースであろう」という気持ちは、これからもきっちり継承していこうと思う。
写真 : 記念すべき創刊第1号は、A4の紙1枚だった