風まかせ旅まかせ Vol.8 『南スーダン共和国』独立に寄せて

長いことアフリカに通っているうちに、いつの間にか全53カ国を訪れることができた。通常の観光旅行でも40カ国ほどは訪問できるが、そこから先の10数カ国は、治安の問題やアクセスの問題もあって中々難しいので、ちょっと自慢だ。
旅行で、ご一緒したお客様から時折「アフリカで1番好きな国はどこですか?」と聞かれる。そんな時は「スーダンですね。とにかく人がいい」と答えることが多い。
30数年前に始めてスーダンを訪れたときの印象が強く残っている。外輪船でナイル川をさかのぼり、ヌビア砂漠を縦断する列車の屋根に70時間も乗って旅をした。砂漠の中に一直線に伸びる二本の線路は時折砂に埋まっており、その度に車掌(?)がスコップで砂を掻き出す。列車は2時間も3時間も止まったままだ。乗客は窓や屋根から地面に下り、食事をしたり用を足したり思い思いに時間をつぶす。誰一人文句を言わない。祈りの時間になると再び列車は止まり、驚くほど多くの人々が砂漠に下り、砂で手足を清め、メッカに向かって祈り始める。エジプトへの出稼ぎ帰りのスーダン人は皆寛容で、穴の開いたジーパンを履いたアジアの若者に、お茶やパンをご馳走してくれた。共に砂の上に座ってかたいパンを食べていると、周りの人々もオレンジやデーツを勧めてくれる。
停電続きの首都ハルツームに数日滞在し、再びボートで白ナイルを遡上し南部スーダン最大の町、ジュバに到着した。ジュバも停電で真っ暗だった。知識も情報もなく十分な食料や水の準備もないままスーダンを縦断し、多くの人々に助けられた旅だった。
2011年7月9日、アフリカ大陸に54番目の独立国家が誕生した。『南スーダン共和国』だ。20年続いた内戦の間に、200万人とも言われる人々が命を落とし、大きな犠牲の上に南部スーダンは独立を勝ち取った。国中の舗装路の合計が100キロにも満たないと言われるインフラの乏しい南部スーダンで、すでに中国、列強による石油利権の奪いあいが始まっている。
牛飼いの人々がノンビリと歩くジュバの町はどのように変わったのだろうか…いや、変わるのだろうか。とにかく平和を願わずにいられない。いつの日か訪れてみようと思う。
写真 : 南スーダンの町角

風まかせ旅まかせ Vol.7 「旅行は人を元気にする!」を信じて――。

3月11日、ビルの9階にある弊社でも立っていられないほどのひどい揺れに襲われました。テレビやパソコンが床に落ち、棚の書類が辺り一面に散らばり、社内も騒然としました。5分ほどして揺れが収まったころ、遠くに見えるお台場のビルから黒く巨大な煙が立ち上り、しばらくすると上空にはヘリコプターが何台も飛びまわり、屋上に出ると近くに見える東京タワーのアンテナが曲がっていました。
床に落ちたテレビを戻して電源を入れると、「震源地は宮城県沖…マグニチュード…」。揺れの激しさから、震源は関東地方と勝手に思い込んでいたので驚きました。その後も激しく余震が続き、落ち着く間もなく大津波が東北の沿岸部を襲いました。
3月26日に1年間通った塾の卒塾式がありました。旅行産業の経営を様々な角度から学び、また各界の講師を招いて勉強しようという塾でした。震災や原発の問題もあり、華やかな式にはなりませんでしたが、ひとついい話がありました。4月23-24日に予定していた1泊2日の卒塾旅行を「風評被害で宿泊者が激減している地域の宿で行おう」という提案です。同じ旅行産業に関わるものとして、少しでも応援できればという気持ちで、塾生全員が賛成しました。その話を弊社のバイクツアースタッフに伝えると、5月28-29日に予定していたスタッフツーリングを急遽、福島ツーリングに変更し実施することになりました。毎年30人近くのお客様ライダーが参加してくださる1泊ツーリングなので、いわれのない風評被害で経営が苦しい宿に、少しでも喜んでもらえればと思っています。
旅行会社である我々が今できることは何か…。震災以降考えてきたことですが、「旅行は人を元気にする!」を信じて、これからも元気になる旅を企画していきます。節電でエアコンも使わず、薄暗い社内ですが、元気のでる旅の相談承ります!! ぜひ、お立ち寄りください。社員一同、元気にお待ちしております。
写真 : 福島県のシンボルの一つ磐梯山

風まかせ旅まかせ Vol.6 これからも“旅ごころ”を大切に

本号から、誌面を大幅にリニューアルいたしました。
リニューアルにあたり、是非とも“旅ごころ”のわかる作家に、寄稿してもらいたいと考えていました。自分の気持ちの中に何人かの候補者がいたのですが、その筆頭が沢木耕太郎さんでした。幸い沢木さんを良く知る友人がおり、その友人を介して沢木さんに原稿の依頼をすると、快く引き受けていただくことができました。
私自身、沢木さんの本との出会いは30年以上前になります。二十歳前後の頃、「敗れざる者たち」「人の砂漠」それから続く、代表的なノンフィクション作品の一つ「テロルの決算」を読んだときには、自分は生涯この作家の本を読み続けよう…と、人生のささやかな楽しみを見つけた思いでした。その後ベストセラー「深夜特急」へと続きます。実は沢木さんが“深夜特急”を発表した当時、出版社のパーティで立ち話をしたことがあります。私自身も沢木さんより少し後に、逆コースではありますがほぼ同じコースで、同じような期間、ユーラシア大陸を旅した経験があり、文中に出てくる安宿に泊まった話など、大変楽しい時間でした。
その後、写真集「天涯」や「凍」「旅する力」など最近の作品に続きます。何年か前に出されたノンフィクション全集も持っていますので、おそらく代表的な沢木作品の、ほとんどを読んでいるのではないか、と自負しています。
その沢木さんに、本誌のために書いていただきました。感無量です。
人との出会い、縁の不思議を感じます。2011年も、道祖神はアフリカニュースの発信、より魅力的な旅の提案をしてまいります。
これからも応援よろしくお願いいたします。

1977年 イスタンブールにて
1977年 イスタンブールにて