初心者の方がゼロから始める登山 -キリマンジャロ登頂への道 西日本編 講習第3回@白山

7月14~15日の連休に講習第3回を石川県の白山にて行いました。
5月に標高1,214mの武奈ヶ岳に登りましたが、今回は標高2,702mの白山。標高は随分と高くなりますが、登山口の標高が1,260mなので登る高さは1,500m弱。キリマンジャロ登山ではアタックする日を除けば一日に登る高さは1,000m程度なので今回の登頂は大きな自信に繋がったと思います。また、白山はキリマンジャロと同じ成層火山、つまり似たタイプの山なので良いイメージトレーニングになったはずです。
梅雨前線が上がったり下がったり、ただでさえ分かりにくい山の天気はいよいよ分かりにくい状況で、曇ったり晴れたり、小雨に大雨、濃霧に強風、、と大変でしたが、雨具の使い方や濡れた登山道の歩き方を身に着けるにはとても良い機会になりました。
01
白山は高山植物で有名な山です。雪解けが進んだ場所に、猩々袴(ショウジョウバカマ)や流金花(リュウキンカ)、衣笠草(キヌガサソウ)をはじめ色とりどりの花が咲いていました。今回は高山植物を楽しむというテーマではありませんでしたが、色とりどりで低地の花とは
一風違う高山の花々はやはり興味深く、皆さん登りながら名前をいくつも覚えてしまいました。
02
頂上では濃霧に包まれ展望はゼロでしたが、1,500mの標高を登り、強い風に煽られながらも頂上に鎮座する白山比咩神社の奥宮に参拝できたことで今回の登山は充実感のあるものになりました。
03
ご参加有難うございました。
秋の机上講習(西日本編)は10月半ばを予定しています。
登山講習の西日本編ではまだまだ新規のご参加を募集しています。
お気軽にお問合せください。