2023 北部ケニア添乗レポート

年末年始に北部ケニアを巡るツアーへ行ってきました。私にとっては、3年ぶりのケニア訪問になりました。今回の参加者の半数以上はアフリカリピーターでした。

目的地はお馴染みのマサイマラ国立保護区ではなく、赤道を挟んで北半球にあたるサンブル国立保護区です。少しマイナーな保護区ですが、私にとっては密かにマサイマラの次に好きな保護区なので、今回サファリができることをかなり楽しみにしていました。

去年(2022)のケニアは、過去40年で最悪の干ばつに見舞われ、地元の報道では約250万頭の動物が死んだというニュースが日本でも流れていました。サンブル周辺は元々乾燥地帯なのでかなり心配しましたが、訪問してみると最近雨が降り始めたようで緑が多く、花も咲き、瑞々しい大地になっていたのでホッとしました。

ロッジからの眺め
ロッジからの眺め

ここには「サンブル・ファイブ」と呼ばれる、ケニア北半球で見られる珍しい動物を観察することができます。グレービーシマウマ、アミメキリン、ゲレヌク、ベイサオリックス、ソマリダチョウです。グレービーシマウマは、過去40年で個体数が8割も激減し、野生はわずか2千頭になってしまいました。さらに今回の旱魃で40頭も死んでしまったそうで、貴重なシマウマを見た気がしました。

大型鳥類のソマリダチョウのオスは、繁殖期になると肌が青くなる特徴があり、繁殖期に肌が赤くなるマサイダチョウと違いが明らかです。このように、マサイマラやアンボセリなどケニア南部で観られる動物たちと同じ仲間でも、種が違うと形態や習性も変わるので、比較するとより楽しい観察ができます。

グレービーシマウマ
グレービーシマウマ
アミメキリン
アミメキリン
ゲレヌク
ゲレヌク
ベイサオリックス
ベイサオリックス
ソマリダチョウのオス
ソマリダチョウのオス

5日間の滞在中、アフリカゾウの群れやライオンの親子など、沢山の野生動物に遭遇しました。特に印象に残っている出来事は、チーターがゲレヌクを仕留めた直後、ヒョウに獲物を奪われてしまった現場に立ち会ったことです。私たちが見たときにはもうヒョウが獲物をくわえて岩山に登ったところだったのですが、そのヒョウを恨めし気に見つめるチーターの顔が忘れられません。チーターはその後、別の獲物を探しに移動していきました。

ライオン親子
ライオン親子
ヒョウに獲物を奪われたチーター
ヒョウに獲物を奪われたチーター
ヒョウが隠れた岩山
ヒョウが隠れた岩山

またサンブル周辺は、野鳥観察ポイントとしてもかなり魅力的なエリアだと思います。ゴマバラワシやダルマワシ、クロワシミミズクのような大型猛禽類や、青羽が美しいフサホロホロチョウ、それにエボシドリやコサイチョウなどユニークな鳥たちが多く、野鳥ファンを魅了しました。

フサホロホロチョウ
フサホロホロチョウ
クロワシミミズク
クロワシミミズク
カンムリヅルのシルエット
カンムリヅルのシルエット

ツアー後半は、ケニア山の麓にあるオルペジェタ保護区を訪問しました。ここはケニアでは珍しい私立の保護区で、特にチンパンジーやサイの保護繁殖に力を入れています。レンジャーガイドの説明によると、ここで生活するチンパンジーたちは、中央アフリカなどから内戦やペット取引によって孤児となり保護された個体で、この保護区で安全なセカンドライフを送っているそうです。

絶滅危惧種のクロサイや、世界であと2頭になってしまったキタシロサイ(亜種)もここで保護されており、研究繁殖が進んでいます。サファリドライブでは多くのシロサイとクロサイが伸び伸びと生活している姿を観察することができました。

また、ここではナイトサファリドライブが実施されており、参加すると野生動物の夜の姿を見ることができます。夜行性のフクロウや、マングースなども観察できました。

盲目のクロサイのバラカにタッチ
盲目のクロサイのバラカにタッチ
ナイトサファリドライブ
ナイトサファリドライブ
ナイトサファリで見たライオン親子
ナイトサファリで見たライオン親子

最後に首都ナイロビに2泊しました。普通のツアーでは時間の制約でなかなか訪れることのできないゾウの孤児院へ訪問することができました。現在は予約制で人数制限をおこなっています。水浴び場にやってきた保護された小象の多さにびっくりしましたが、飼育員からミルクを飲む表情が幸せそうでした。安全に大きくなって、いつか野生へ復帰してほしいと願います。

ナイロビ国立博物館も訪れ、人類化石コレクションや「野生のエルザ」のジョイ・アダムソンさんの絵画を観賞し、ケニアの全鳥類が標本展示されている「鳥ゾーン」では、このツアー中に何を見たのか再確認をすることができました。

寄ってきた小象
寄ってきた小象

このツアーを振り返ると、前半では人の少ない北部の保護区で珍しい野生動物をじっくり観察し、後半では「人と野生動物の共存」をテーマにした学びのある体験ができ、初心者の方もリピーターの方も楽しめる充実したプログラムになったと思っています。また機会があれば、ツアー第2弾を募集したいと考えていますので、その時は是非ご参加ください。

加藤 直邦

2022.08.18発 2022年特別企画 ボツワナ周遊キャンプ 20日間

「2022年特別企画 ボツワナ周遊キャンプ 20日間」にご参加された綾部様より、写真と動画レポートが届きました!

サファリ・キャンプ漬けの毎日は楽しかったです

アフリカ式キャンプ用品
アフリカ式キャンプ用品
このキッチンから、魔法の様に料理が提供される
このキッチンから、魔法の様に料理が提供される
ランクルのボンネットで、ティータイム
ランクルのボンネットで、ティータイム

ゾウ付きランチ・・・ゾウにエサを与えないで下さい
ゾウ付きランチ・・・ゾウにエサを与えないで下さい
ベジタリアンディナー・・・止めて!
ベジタリアンディナー・・・止めて!
夜の勉強会
夜の勉強会
星降るキャンプ
星降るキャンプ

マゼラン星雲は、毎晩見えた
マゼラン星雲は、毎晩見えた
モーニングサファリ
モーニングサファリ

ナイトサファリ
ナイトサファリ
ブタの貯金箱
ブタの貯金箱

ツアー中の動画もお楽しみください!

2022.07.21発 ボツワナ・キャンプ オカバンゴからチョベへ 12日間

2020年7月の催行が決まっていましたが、コロナ禍で延期に次ぐ延期となった弊社ツアー中で最も人気のあるツアーの一つ『ボツワナ・キャンプ』。コロナ流行の状況も落ち着いてきはじめ、日本再入国の際の規制も少し緩んできたということで、日本帰国前のPCR検査のために現地での延泊を追加し、12日間のスケジュールとなりましたが何とか今年2022年に3年ぶりの催行となりました。

まだ状況が状況ですので躊躇する方も当然いらっしゃり、直前でキャンセルがお二人出ましたが、ある意味まだモニターとしてツアーを出すような状況のため、現地手配会社とも相談し、最少催行人数は割ってしまっていますが4名様+添乗員という超少人数でのツアーとなりました(とはいえ、通常でも6名様+添乗員、利用するサファリカーは1台ですので、現地での動きには全く違いはありません)。

◎フライト

キャセイ航空の香港~ヨハネスブルグ便がまだ復活していないため、利用航空会社の選択肢が限られる状況ですが、今回はシンガポール航空を利用し、シンガポール乗り換えで南部アフリカの玄関口である南アフリカのヨハネスブルグを往復しました。ヨハネスブルグからボツワナのマウン、ボツワナのカサネからヨハネスブルグへは、以前と大きく変わらずボツワナ航空やエアリンクの近距離便の利用です。機内でのマスク着用義務、シンガポール・チャンギ空港での体温チェック等はありますが、それ以外に関しては以前と全く変わらない空の旅です。

◎南アフリカ、ボツワナ入国

今回ツアー出発直前に南アフリカが、入国に際しての新型コロナウイルス感染症関連のほぼ全ての規制を撤廃したため(検温だけは実施中)、予防接種証明書等のチェックもなく、いつも通りイミグレーションにパスポートを提出し、入国スタンプを貰うだけの手続きです。ヨハネスブルグからはボツワナ航空に乗り継いでオカバンゴ・デルタの南に位置するマウンへ移動しますが、ボツワナはまだ規制が緩んでいないため、2回の予防接種を受けたことを証明する書類または、入国72時間前以内のPCR検査の陰性証明が必要になります。が、それ以外は南アフリカと同様にビザが不要なため、上記書類のチェックがある以外は予想外にすんなりと入国が可能でした。

◎ボツワナ国内の様子

南アフリカは国外からの訪問客を除き、街中や空港をはじめ、ホテルやレストランでもマスクをしている方はほとんど見かけませんが、ボツワナの街中ではまだ3割程度の方がマスクをしているといった状況です。入園の手続きをするゲートの事務所を除き、国立公園内やキャンプサイト、ロッジ、サファリカー内など、マスクを着用している方は見かけず、欧米からの観光客もマスクなしでのびのびと過ごしている姿が見受けられました。

◎サファリ

さて、ツアーとしては3年ぶりの催行となりましたが、国立公園や保護区内の生物たちの暮らしはコロナ前と全く変わりありません。当然と言えば当然ですが。特別なシーンを見ることはなかったものの(ヒョウの狩りのシーンは見ることができましたが)、見ることができた動物や野鳥の種類、個体数ともにさすがボツワナといった印象で、相変わらず質の高いサファリを堪能することができました。名物ガイドのショーゾーさんの動物探査のスキルもコックのティモシーの調理の腕も相変わらずで、久々に催行されたキャンプツアーを大いに楽しむことができたのではないかと思います。直前まで、このツアーがテント泊だと知らずにご参加された方もいらっしゃいましたが、不便さと引き換えに得た自然の近さを堪能、非常に楽しまれていました。

◎日本への帰国

今回はヨハネスブルグで連泊して時間的余裕を作り、ヨハネスブルグ空港の建物内にある検査場でPCR検査を受けて陰性証明書を受け取り、事前にダウンロードしていたMySOSを使って事前登録を行ったうえで日本に戻り、入国しました。まだ1日の入国者数20,000人という上限が撤廃されていませんので、空港の利用客もさほど多くなく、MySOSに事前登録してのファストトラックを利用しなくても、コロナ禍前の時間とほぼ変わらない程度の時間で入国から荷物受け取り&解散まで40分~1時間程度かかるといった状況です。

ボツワナ・キャンプは弊社のツアーの中でも一番人気のツアーのひとつで、発表すると早めに満席・キャンセル待ちとなってしまうツアーですので、コロナ禍を抜けきっていない多少不安定な状況でも企画・催行は続けます。2023年も2022年と同様に①7月下旬から8月初旬、②8月上旬から8月中旬の2本企画し、ツアーの後半がこのツアーの日程と重なる長期間のボツワナ周遊キャンプを8月中旬から9月初旬に企画予定ですので、まだ参加されていない方は楽しみにお待ちいただければと思います。

by 羽鳥

2022.06.03発 ウガンダ・ゴリラ・トレッキング 9日間

新型コロナウイルス感染症の流行のため、弊社では2020年5月以降募集型のツアーの企画催行を取り止めておりました(取り止めざるを得ない状況でした)が、日本でも流行し始めてから約2年が経ち、まだまだ状況は一進一退ながらも海外を旅行することに対する様々な規制が弛められてきたことを受けて、3本のモニターツアーを企画しました。現地のコロナウイルス感染症の流行の状況、外務省の感染症危険度レベル、現地入国に際しての要件、訪問後に日本に帰国する際の条件等々を考慮し、行き先を3カ国に絞りましたが、このウガンダもそのうちの一つで、結果的にコロナ禍後に初めて弊社が送り出す団体ツアーとなりました。当然、同行させていただいた私も2019~20年の年末年始以来の海外ツアー添乗業務となり、ウガンダ自体への訪問も約15年ぶりでした。

◎フライト

今回はウガンダのエンテベまでドバイ経由のエミレーツ航空を利用しましたが、成田でのチェックインの際に ①予防接種証明書またはPCR検査陰性証明書 ②ウガンダビザ(オンラインで取得) ③Eチケット ④パスポート の4点のチェックがあり、コロナ禍前よりちょっとだけ長く時間がかかりますが、書類さえ揃えていれば何の問題もなくチェックインできます。成田や経由地のドバイ、エンテベの空港内はマスク着用がほぼ義務付けられていますが、大まかには従来と変わらず、乗り継ぎ地のドバイでの何らかのチェックも特にありませんでした。

◎ウガンダ入国

ウガンダ入国の際は、入国カウンター前にある検疫のチェックポイントで、簡単な検温と ①予防接種証明書またはPCR検査陰性証明書 のチェックがあり、ここを通過すると ②パスポート ③ウガンダビザ(オンラインで取得) のチェックがあり、ビザのシールと入国のスタンプが押され、晴れて入国となります。

◎ウガンダ国内の様子

空港のスタッフ、ホテルのレセプションやレストランのスタッフは、基本的に皆さんマスクを着用していますが、その他の一般の人々は都市部・田舎問わずマスクもしていません。コロナ禍前と全く同様に、のびのびと暮らしている様子がうかがえます。

◎サファリ

今回はブインディ国立公園での1回のゴリラトレッキングとクイーン・エリザベス国立公園での陸上、ボートの計2回のサファリを行いましたが、欧米からの観光客も少なくなく(コロナの流行最盛期は全くいなかったそうですが)、サファリ中に出会う他のサファリカーの数もコロナ禍前とほぼ変わらないように思えました。移動中も含めて、参加者6名様には2台のサファリカーに分乗していただき、できるだけ密にならないように配慮しましたが、車内でのマスク着用に関しては、皆さんのご判断にお任せするという形をとりました。ボートサファリでのボート乗船中は車内よりもさらにオープンな状態ですので、ほとんどの方がマスクを外してのびのびとされていました。

◎ゴリラトレッキング

今回添乗員は皆さんに同行せず、ゴリラトレッキングは参加者の皆さん6名様+欧米からの観光客3人の計9人で、ガイド役やセキュリティー役のレンジャーとともに行いましたが、ゴリラ見学時のルールは基本的には以前と全く変わりませんが、もし見学者がコロナウイルスに感染していたらゴリラにうつってしまうため、この時はマスク着用必須となります。

◎日本への帰国

日本への帰国の際、ちょっと複雑なのですが日本へ向かうフライト(直行便の場合)の出発時間の前72時間以内に受けたPCR検査で陰性だった証明書が必要となります。こちらはウガンダ西部の国立公園から首都のカンパラに戻ったあとホテルまで検査ラボのスタッフが来てくれて、簡単に受けることができました。幸いなことに全員陰性で問題なくドバイを経由し、帰国できました。従来は、日本に入国する全ての乗客に到着時のPCR検査と数日間の自主隔離が義務付けられていましたが、直前の6月1日に規制が緩み、ウガンダからの帰国に際しては予防接種証明書を持っていれば検査なし、隔離なし、かつPCR検査陰性の証明書をMySOSというアプリを通して事前に審査が通っていたので、関連の待ち時間もほとんどなく、飛行機の着陸から40分で荷物を受け取り、税関を抜けて終了となりました。

まだまだ海外旅行をする上でのリスクがいくつか残る中、ご参加いただけた皆さんにまずは感謝したいと思いますが、日本の外と中を比較すると、海外はほぼフリーに近い状況で人々が動き始めており、海外旅行を取り扱っている立場からは状況を見つつできるだけ早めの規制撤廃(南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどは既に完全にオープン状態となりました)がなされ、一般的にも海外旅行が復活する日が来て欲しいと思います。

by 羽鳥

モニターツアー ウガンダゴリラトレッキング 9日間レポート

2022年6月3日発「モニターツアーウガンダゴリラトレッキングとサファリ 9日間」にご参加いただいたS様からのレポートです。

天気、ツアーメンバー、ドライバー、添乗員さん 全てに恵まれたツアーでした。ありがとうございました。

〇クイーンエリザベス国立公園までの舗装道路で見たウガンダ・コープ、アフリカゾウ、デファサウォーターバック。ウォーターバックの💛鼻がキュート(1~2)

ウガンダコープ
ウガンダコープ
アフリカゾウ
アフリカゾウ
デファサウォーターバック
デファサウォーターバック

〇エボシクマタカはいつもながら「キリリ」としていて目が鋭い。

エボシクマタカ
エボシクマタカ

〇カジンガ水路

土手に巣穴を作っているヒメヤマセミの多さにビックリでした。魚が凄く豊富なんだろうね。

ヒメヤマセミ
ヒメヤマセミ
ヒメヤマセミ
ヒメヤマセミ
ヒメヤマセミ
ヒメヤマセミ

ゴリラと同じくらい見たかった「カンムリカワセミ」。青色が奇麗でした。

カンムリカワセミ
カンムリカワセミ
カンムリカワセミ
カンムリカワセミ
カンムリカワセミ
カンムリカワセミ

サンショクウミワシの飛ぶ姿初めて見ました。

サンショクウミワシ
サンショクウミワシ

ハサミアジサシ。目の位置が分かりにくい。

ハサミアジサシ
ハサミアジサシ

エジプトガン、ペリカンとアフリカハゲコウ見ない組合せでした。ハゲコウが川に嘴を突っ込んで死んだ死魚?を獲るのも初めてでした。

ペリカンハゲコウ
ペリカンハゲコウ

バファローの亡き骸の角とハサミアジサシ。アフリカらしい1枚です。

バッファーローの頭蓋骨とハサミアジサシ
バッファーローの頭蓋骨とハサミアジサシ

シュモクドリ。確かに大きな頭が印象的。

シュモクドリ
シュモクドリ

帰路に見たセネガルショウビン。正面しか向いてくれず、残念!!次回に期待。

セネガルショウビン
セネガルショウビン

〇ブウィンディ原生国立公園

移動中にドライバーが見つけてくれた「ジャクソンカメレオン」と「ダイカー」。
「ダイカー」は夜行性で昼見られるのは稀だとか。

ジャクソンカメレオン
ジャクソンカメレオン
ダイカー
ダイカー

約1Hのトレッキングでオールドシルバーバックと対面。藪が多く観察には狭いスペースで場所取りが大変でした。体力に自信ある方は先頭を歩くことをお勧めです。

シルバーバックのお尻にあるものは?
ガイドからは10Mの距離をとれとのことでしたが、今回のコースは近かった。最短2~3M? あっという間の1時間でした。

(ゴリラが近づいてきた場合、ゆっくりと離れるように動き、10Mの間隔を取るのが原則です。足場の悪い森の中ですので、すぐに移動できない場合にはゴリラとの距離が近くなることがあります。人間のほうから2,3Mまで近づけるわけではありませんのでご注意ください。)