道祖神アフリカカルチャー講座 「生活を彩る布・カンガ(KANGA)の魅力」

ケニアやタンザニアなどで女性たちが愛用する布「カンガ」。鮮やかな色合いとカンガ・セイイングと呼ばれることわざがプリントされているのが特徴です。
このカンガを日本にいち早く紹介された織本知英子さんをお迎えし、カンガについての興味深いお話しをして頂き、そして実際にカンガの巻き方も教えていただきました。
カンガの歴史について。
どのように製作されているのか?
現地ではどのように売られているのか?
などなど、写真を交えてお話ししていただきました。
カンガは現地の女性にとっては、生活に無くてはならないもの。日常の装いはもちろん、結婚式、お葬式、お祈りに行く際、赤ちゃんを抱っこする際などなど使い方は様々。
また、プレゼントとしても大活躍。プレゼントを贈る相手によってことわざを選び、プレゼントします。カンガに書いてある、ことわざは結婚のお祝いを示す言葉、人生の教訓、お悔やみの言葉、一つ一つの意味が違います。女性の身分が確立していない中、自分の思いを伝えることが難しかった時代、カンガに書いてあることわざを通して言いたいメッセージを伝えていたそうです。
そして、以前日本でカンガが作られていたことをご存知でしたか?日本のカンガは丈夫だと現地では重宝されていたそうです。

日本製のカンガです!
日本製のカンガです!

中国製だってあります!
中国製だってあります!

また、歴史あるカンガやおもしろカンガの紹介もありました。見ているだけで楽しい気持ちになってきます。カンガにまつわるお話しを伺った後に、皆でカンガの巻き方体験をしました。
結んだり折ったりすれば、ショールやパレオなどいろいろな着方ができることを実際に着ながら皆さん感心しながら体験されていました。若者には、どちらかというと年配の人が着るものと敬遠されていたカンガも、ワンピースに仕立てたり、アレンジの着こなしがファッションになっているようです。
伝統と現代の文化が混ざり合って、ずっと愛され続けているカンガ。東アフリカへお出かけされた際には、女性たちのカンガに是非ご注目ください。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。