北アフリカ、モロッコの青い街「シェフシャウエン」

先日、フジテレビ系列で放送された、「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?-魅惑のモロッコスペシャル-」。ご覧になった皆様も多かったのではないでしょうか。
弊社でもモロッコのツアーは一つだけご用意していますが、一般的なモロッコではなく、少々趣向を変えた「モロッコを歩く」というテーマのツアーです。砂漠・オアシス・山岳地帯と地形のバリエーションも豊かで、歴史ある街も多いモロッコは、歩きというスローなペースで旅するにはもってこいの国です。
その他「カサブランカ・マラケシュ・フェズの三都市周遊」のような、一般的なツアーはご用意しておりませんが、ハネムーンカップルのお客様や、ご家族、あるいはお一人で自由に日程を設定して旅したい、という方向けに貸切車利用オーダーメイドでの手配旅行をご提案させていただいています。
上記の三都市があまりにも有名なため、「一度足を運んで三都市を見たらもうおしまい」というお客様も多くいらっしゃいますが、その他にも三都市に負けないどころか、勝ってしまう、MUSTの訪問先がモロッコにはあります。

例えば、古くからの隊商都市だったワルザザート、ポップな陶器で有名な港町サフィ、ポルトガルが建設した都市が残るアル・ジャディダ、土レンガ造りの要塞(カスバ)が残るカスバ街道、そしてアルジェリア国境に広がるサハラと、見どころは尽きません。先日のテレビ放送でも、エッサウィラという、大西洋に面した世界遺産の街が取り上げられていましたが、大型のパッケージツアーではまず訪問しない街ですので、こういう所に足を伸ばせるのは個人手配ならではでしょう。
私のとっておきとして、更に日本人ツーリストの方が足を運ぶことが少ない、訪れる価値のある街があります。
それが、青い街「シェフシャウエン(あるいは単にシャウエン)」です。リフ山脈の北側にへばりつくようにある小さな街ですが、旧市街の家々の壁は白く塗られ、アクセントカラーの薄いブルーが非常に美しい街です。旧市街の狭い迷路のような路地を歩けば、時間の感覚が狂ってしまったような錯覚に陥ります。
喧騒の街や広場もモロッコの一面ですが、こんな静かな美しい街もモロッコの一面です。
是非、一度きりと言わず何度でも、”日出ずる国”日本から、”日沈む国”モロッコ王国へと、足を運んでいただければと思います。
※画像は加工していません。
モロッコのツアー一覧はこちら。