アフリカのオフライン航空会社録1

道祖神予約発券担当スタッフ、飛行機オタクの深川がお送りする『アフリカのオフライン航空会社録』。記念すべき第1回目(続くかどうかは保証の限りではありませんが….)は、エチオピア航空です。
エチオピア航空は1946年に設立されたエチオピア国営の航空会社で、昔はアフリカの航空路線は縦(主にヨーロッパ-アフリカ間)が多く、当時アフリカ横断路線を運航していたのはパンアメリカン航空とエチオピア航空のみで本数も少なかったと聞いております。今はエチオピアの首都アジスアベバのボレ国際空港を拠点にして、アフリカ内はもちろん、北米、南米、中東、ヨーロッパ、アジアに就航をしています。

ここ数年でスターアライアンスに加盟して、長距離運航用のボーイング777、ボーイング787、近・中距離用のボーイング737を導入し、新規就航地をますます増やし、さらには西アフリカのトーゴ、南部アフリカのマラウィで航空会社を設立して、猛烈に成長をしているアフリカの航空会社のひとつです。
エチオピア航空といえば、エチオピア美人の客室乗務員と、機首に代々塗装されている獅子でしょうか。昔の塗装の時はドアの横に大きく獅子が塗装されていたのですが、新塗装になってから獅子はデフォルメされ、コクピット窓下などにペイントされています。
10月には久々に復活するアフリカ大陸への直行便として、日本に飛んでくる予定です。日本の皆様もこれからエチオピア航空に乗る機会が増える?かもしれませんね。
東京本社予約発券担当スタッフ 深川