ナイロビ空港の火災事故について

テレビのニュースなどで皆様ご存知かと思いますが、8月7日(水)早朝、ナイロビ空港で火災が発生しました。
原因は未だ調査中ですが、人為的なものではなく事故の可能性が高いと考えられています。
ナイロビ空港への飛行機の発着は一時全面的にストップしましたが、9日位から少しずつ動き出し、10日にはぼぼ通常運行を再開致しました。
焼け残った建物を利用しての運行ですので、多少の不便はありますが、ナイロビ空港利用のご旅行には支障は出ておりません。
皆さんのお越しをお待ちしております。
到着の際に現地の出迎えが待機する場所、また出発の際の搭乗口待合室はテントです。
<写真>
トイレは仮設、到着口や待合室(テント内)ではパン、ポテトチップ、飲み物などの販売は行われています。
01