マガディ湖の温泉

先日、週末にぽっかり休みができたので、ナイロビ在住の友人達と連れ立ってキャンプに出掛けました。目的地は、ナイロビから南西に約120km、タンザニアとの国境にほど近い、マガディ湖(Lake Magadi)です。
湖の名前はマサイの言葉で Magad (苦い) に由来すると考えられています。何故、そんな由来があるかと言うと、このマガディ湖は水質がかなり強いアルカリ性の塩湖である事が大きな理由です。
この湖のあるあたりの地域は、非常に標高が低く乾燥している為、地表の水はけも悪く、塩水の薄い層が湖の周囲を覆うのですが、蒸発するのも早く、後には白やピンクの塩が残ります。湖はソーダの白い結晶と藻類の色が周囲を包み、ちょっと摩訶不思議な景観を持った湖なのです。

01
また、湖の水温は40~45度もあるのが特徴で、これは天然の温泉となっています。水深も、ちょうど人が肩まで浸かれるぐらいの場所があり、実は温泉好きの日本人たちの間では隠れたスポットでもあります。

沸き立つ温泉!
沸き立つ温泉!

ですが、乾燥しきっていて草木もろくに生えていないサバンナが広がるだけの、はっきり言ってマサイの人達しか住んでいない(住めない)非常に気候の厳しい土地なので、涼しく快適なナイロビから足を延ばすのは気合と根性がいるのですが、ここは思い切って、何もないサバンナで1泊2日キャンプをしてやろうじゃないか、という事で出かけました。
削り出した塩は、鉄道によって運ばれます。乾燥したマサイの土地。
削り出した塩は、鉄道によって運ばれます。乾燥したマサイの土地。

120Kmと言うと、距離にしてはそれほどではないのですが、ずっと岩や砂利だらけの悪路が続くため、大きな4WDなど持っていない私たちは、おそるおそるといった感じで半日ほどかけてようやく到着。
何もないサバンナの中に、ほのかに湯気を漂わせるマガディ湖、そこには1000~1500羽ほどでしょうか、フラミンゴも生息していました。噂には聞いていたのですが、あまり期待もしていなかったので、この出迎えは嬉しいサプライズ。さっそく天然の温泉に飛び込み、悪路を旅して来て疲れた身体を癒しました。
04
湯(湖)から上がるとテント設営。キャンプサイトなんてものはないので、ちょうどいい感じのアカシアの木を見つけ、その下でまずは焚火開始。
大きな月も出て来て、サバンナには、月明かりと焚火と自分達のみ。とても贅沢な時間でした。途中で護衛に拾ったマサイの兄ちゃん(野生動物に襲われない為、一晩火のそばでテントを見張ってくれました)、彼が怪訝な顔で見つめる中、飲めや歌えやのサバンナ大宴会、心身ともに癒され、束の間、ナイロビの喧騒から解放された週末でした。
マガディ湖に興味のある方は、是非お問い合わせ下さい。
護衛に雇ったマサイの青年。一晩、テントを見張ってくれていました。
護衛に雇ったマサイの青年。一晩、テントを見張ってくれていました。

月と焚火とサバンナと酒と…
月と焚火とサバンナと酒と…