アフリカの隕石孔

隕石孔(いんせきこう)。
その名の通り、隕石の衝突によって形成されたものを指します。
この隕石孔を見に行くことは場所により簡単でもあり、不可能なところもあります。
世界遺産にも登録された南アフリカの「フレデフォート・ドーム」は
有名どころですが、あまりに大きくてなかなか実感出来ないかも知れません。
ですが露出した地質を見たりすることが出来ます。
さて、現在はインターネットで色々と隕石孔を探すことが可能になりました。
みなさんご存知の「グーグルマップ」を駆使して、アフリカの隕石孔を探してみませんか??
*チャド アオルンガ・クレーター(直径約13km)
*アルジェリア ティン・ヴィデル・クレーター(直径約6km)
*ナミビア ローターカム・クレーター(直径約2.6km)
アフリカは地殻が安定しているのと乾燥が長い年月続いている影響なのかも知れませんが、かなり良い状態でクレーターが残っています。
日本でも長野県に隕石孔があるのですが、雨・風・地震・台風とバラエティー過ぎる気象条件で風化が激しく、なかなか綺麗な円形は残らないです。残念。
https://www.google.co.jp/maps/@35.4000824,138.0206837,5083m/data=!3m1!1e3?hl=ja
http://tohyamago.com/experience/inseki-crater/
by 久世