キリンの模様

キリンの模様は木々の中にいるとカモフラージュになり、天敵に見つかりにくいというのがあります。

動物園や見晴らしのよい場所にいると、保護色になっているとは気づきにくいですが、サファリに出かけて、林の中にいるキリンになかな か気づかなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
キリンには9種がいるという学者さんもいれば、2種しかいない、という方もいらっしゃるそうですが、基本的には模様が種類を分ける大きな判断材料になります。
しかし、模様がなぜ違うのかは明確にはわかっていないようです。
by 菊地 佑介