2018年夏ダイヤ・機材情報

まずは、エミレーツ航空のお知らせです。今年の1月1日から羽田-ドバイ線の機材が、羽田発水曜日と土曜日を除いて、ボーイング777-300ERに変更になります。それに伴い、販売座席数が50席以上増えますので、羽田発もお求めやすくなります。成田線はエアバスA380、関空線と羽田線はボーイング777でドバイへ、アフリカへ行くことができます。
次に南アフリカ航空のお知らせです。2月28日よりヨハネスブルグ-香港間の運航スケジュールが変更になります。2月27日までは、17:40ヨハネスブルグ発、12:45香港着(翌日)ですが、28日からは13:05ヨハネスブルグ発、08:10香港着(翌日)に変更になります。
この時間変更に伴い、香港で乗継をして日本着が午後2時から3時台に到着が可能です。また、それまで香港で同日接続のできなかった、福岡、札幌、沖縄などへも同日接続が可能になります。
最後に、エチオピア航空のお知らせです。3月末の夏ダイヤからアフリカの就航地点を増やします。マダガスカルのアンタナナリボに続いて、北部にあるリゾートアイランドのノシベ島に就航します。それから、コンゴ民主共和国の北東部キサンガニや南部のムブジマイに就航します。コンゴ民主共和国では、キンシャサなどを含め5都市に就航します。
そして、現在の成田-香港-アジスアベバ線ですが、6月3日成田発より香港経由からソウル経由に変更になります。それに伴い、週3便より週4便になります。成田発水曜日、金曜日、日曜日に、月曜日の運航が追加されます。レジャーに、ビジネスにますます便利になります。
画像はエミレーツ航空のボーイング777-200LRです。300ERのほうが200LRより機材が長いので座席が多いです!!
by 虎