DOREEN MASHIKA (ファッションデザイナー)

タンザニアはインド洋に浮かぶ美しい島、ザンジバル。
この島にはアフリカで1、2を争う美しいビーチと、アフリカとアラブの融合で生まれたスワヒリ文化の街「ストーン・タウン(世界遺産)」があります。

…と、それだけではありません。
このストーン・タウンには、グングン知名度がアップしているブティック「DOREEN MASHIKA(ドリーン マシカ)」もあります!
デザイナーの名前がブランド名になっているこのお店。
ドリーンさんはタンザニアで生まれ、学生時代を含めた16年間をスイスで過ごしました。
その後、故国のザンジバル、フルムジ通りで自身のお店をオープン。
カラフルで多種多様なデザインの布・キテンゲと、スイスで磨いたファッションセンスを融合させてタンザニアのファッションの面白さと可能性をアピールし続けています。
また、作品はザンジバルの女性たちと共に丁寧に作られています。
バッグ、アクセサリー、シューズ、ワンピース等の洋服。
これもただ作るのではなく、若い女性たちに裁縫を教えながら取り組んでいるとのこと。
筆者もバッグを長く使っていますが、縫製が良く、お気に入りの1点です。
お店に並んでいるのは、ほぼ1点もの。ザンジバルにご旅行された際は、是非お気に入りのアイテムをGETしてみてください!
by 歌津