IZAKAYA CHEKA

人種の坩堝、ナイロビ。
多種多様な食事が楽しめるレストランが星の数ほどあり、外食には困らない街だ。世界中でおなじみ中華料理に、韓国焼肉、イタリアン、フレンチ、メキシコ、レバノン、エチオピア等々。探せば何料理でも楽しめるので、生活していても食に困るような事はあまりない。

そこで我らが日本食レストランだが、今までナイロビには6軒の日本食レストランがあったものの、すべて経営者は日本人ではなく様々な外国人の方が経営されていた。もちろん、日本食には間違いないのだが、どうも惜しい!後一歩!という感が否めないでいた。
また、どこの日本食レストランも、いわゆる高級レストランという位置づけで洒落たカウンターに座って、たまに寿司をつまんだりしながらワインを嗜む…といった趣向の店が多かった。
そんな中、先月オープンしたのが、日本人の若手シェフ2人が立ち上げた『IZAKAYA CHEKA』だ。
CHEKAとは、現地の言葉スワヒリ語で『笑う』という意味がある。
そして、何よりも『IZAKAYA』、そう!居酒屋なのだ!!
ズラリと並んだ日本酒と焼酎、ビンではなく生ビール!
枝豆に塩辛、冷奴にどて焼き、おでんにサバの味噌煮、〆のラーメンだって常備している。
日本人の急所をこれでもかと突いてくる、これこそナイロビ在住の日本人誰もが待ち望んでいた、まさに居酒屋。
もう、俺達は冷凍⇔解凍を繰り返して味が飛んだ寿司なんて御免だ、という在住日本人たちの叫びが聞こえてくるようだ。
そして、この居酒屋は連日笑いが絶えない、ナイロビ・企業戦士たちの憩いの場となっている。
お昼もやっているので、サファリで疲れた身体にはたまの日本食が嬉しい。是非、ケニア観光に来られる皆様にもオススメです。
by ナイロビ駐在所・生野
IZAKAYA CHEKA