アフリカ中央部カメルーン、山奥の村の宮殿に住む王様

アフリカ大陸のほぼ真ん中に位置する国『カメルーン』。真っ先に思い浮かべるのはサッカーですが、南北に細長い三角形の国土は、標高の高い高原地域や熱帯雨林に、サバンナが広がるエリアもあれば火山地域まであり、アフリカの中でもこの国ほど地形と気候帯で多様性を持つ国は少ないでしょう。この国はアフリカの縮図とまで言われています。
それだけに旅をするには打ってつけの見どころが多い国ですが、今回ご紹介するのは北部カメルーンにあるウジラという村。4WDでしか登って行くのが難しいような悪路の峠道に囲まれた険しい山の中にある村です。この村にはポドコと呼ばれる人々が住んでいて、キリスト教やイスラム教を受け入れることなく、古来より自分達に伝わるアニミズム-自然崇拝を信仰している人々です。山の上には宮殿があり、御年99歳を迎える村の王様が今なお健在です。この王様、お年を召されているのに、ひときわ身体も大きく、全身に纏っている雰囲気には得も言われぬ迫力がありますが、驚かされるのは何と奥様の数が50人以上(!)
奥さんも子供も孫もひ孫もすべて一緒に宮殿内で生活していて、宮殿といっても昔ながらの土壁のシンプルな住居なのですが、家族が増える度にどんどん増殖を続け、もはやとんでもない事になっています。写真は3年前ほどにお会いした時の様子ですが、後ろは皆さんご家族。わりと気さくな王様で、一介の旅行者でも謁見を許される事が多いのですが、見渡す限りのご家族に囲まれての謁見は、何とも不思議な緊張感があります。握手して頂いた手も岩のように固く、あの様子ではまだまだパワフルに長生きされそうです。アフリカを旅していると、たまに想像を絶する人物に出会う事がありますが、この王様も然り。「人間力」なんて言葉を簡単に使ってはいけないと思い知らされてしまいます…。