ケニアの珍味「クンビクンビ」

GWも終わり5月のこの時期、日本の皆様は新緑の豊かな気持ち良い春の季節を感じておられる事と思います。
私の居るケニアは現在、大雨期の真っ只中。日本の梅雨のように、毎日しとしと雨が降り続くわけではないのですが、時たま驚くような豪雨に見舞われる事もあります。
農業国ケニアにとって、雨期の雨は「恵みの雨」ですが、ナイロビのように都市生活を送っている身にとっては、大雨が降ると、道路はたちまち川のようになり大渋滞、停電や断水(なぜ?)も頻繁に起こり、生活のライフラインが機能しなくなるので、困りものです。
さて、この大雨期の季節、ケニアでは少し変わった生き物が出現します。その名は「クンビクンビ」。愛嬌のある名前ですが、これは大きな羽根を持ったメスの羽アリです。身体の大きさはおおよそ2~3cm。雨期にのみ出現するアリで、この時期はアリ塚から婚姻飛行でいっせいに飛び立ちます。繁殖のために、メスはその身体にたっぷりと栄養価を含み、実は田舎の方では今でも人々の大切なタンパク源になっています。
その数は凄まじく、毎朝家の玄関の廻りは夥しい数のクンビクンビの残骸で埋め尽くされています。まるで妖精のようにどこからともなくやってきて、きちんと戸締りしたはずなのに、朝になると必ず家の中に十数匹は転がっています。
さて、今年の雨期こそはこいつを料理してやろうと思い、まずは生で一口、以外にジューシーで食べられない事はないのですが、いかんせん見た目は大きめのアリなのであんまり食欲はそそられません。
次に、ごま油で炒めて塩で味付けをしてみたら、何だか桜えびを食べているような感じ。もう1味欲しいので、多めに粗挽きの胡椒を振って、ピリピリ(唐辛子)をまぶしてみるとなかなかいける。オリーブ油にニンニク多めで炒めてみても悪くない。
わさび醤油につけてみる…、これはダメだ。
辛子マヨネーズに七味を振って和えてみる…、これはいけるがもう元が何だかわからない。
雨期の夜長に、大の男が1人で羽アリの料理方法を模索しているのも何だか空しくなってきた。
皆様もこの時期ケニアに来られたら、雨が降った後、外に出てみてください。きっとたくさんの羽アリが空を舞っているのを目にすることが出来るはずです。
しかし、これが大好物という人もいるのだから、まだまだケニアも奥が深いと痛感しています。。