アフリカ旅行者必携!「ミシュランの地図」

アフリカへの旅行に必ず持って行くもの、と言っても旅される方それぞれに色々とあるかとは思いますが、弊社代表の菊地がアフリカの地べたを這いずり回っていた時代から、約20年後の私の時代まで(と言っても今から20年以上前ですが)、国籍、年齢、移動手段など全く関係なしに、個人で旅するおそらく殆どの旅行者が携えていたであろうブツがこのミシュランの地図。
ミシュランの地図ではアフリカは大まかに3つに分割されていますが(①北部&西部、②北東部&アラビア、③中央部・南部&マダガスカル)、チュニジア、アルジェリア、モロッコ、コートジボアールに関しては、一国ずつピンポイントで非常に詳細なものがラインナップされています。フランス人旅行者が自ら車を運転して回るためでしょう。
この地図、特に砂漠を移動する際には、名もないような小さなオアシスや井戸のある場所から、ワジ(枯れ川)筋の未舗装路まで、非常に詳細に記されているため、かなり役に立ちました。スーダンのオムドゥルマン郊外からラクダ商人のキャラバンに同行して砂漠の中を北上し、エジプトまで歩いた際は、彼らの頭の中の地図にある井戸の場所と、ミシュランに記された井戸の場所が完全に重なっていることに感動した記憶があります。
移動したルートをマーカーでなぞっていき、訪問・滞在した街にチェックをつけ、先へ進む。旅を終えて家に帰った後も、気が向いたら引っ張り出して地図を見ながらあれこれと思いだしたり、そこで撮った写真を眺めたり。旅先の地図は旅行中だけでなく、訪問後こそ楽しめるものではないかと思います。
20代前半の頃に旅した際に携えていた、今ではかろうじて地図の体裁を保っているだけのミシュランの地図には、今では危険すぎていけなくなってしまった場所にもしっかりとマーカーが付けてありました。またいつか、安心して旅ができる時がやってくることを願ってやみません。
by 羽鳥