北アフリカ、サハラ砂漠のベドウィンが飲むミントティーの淹れ方

昨日の話題の続き・・・
せっかくなので、ミントティーの淹れ方をご紹介します。日本で販売している材料でも簡単に淹れることができます。淹れ方は地域・人によって違いますが、今回はモロッコスタイルをご紹介します。
■材料

★中国産の緑茶適量
茶葉は、「ガンパウダー」と呼ばれる丸くて小さい茶葉をよく使います。日本で売られているものは平水珠茶(ピンシュイヂューチャア/へいすいたまちゃ)。紅茶でも代用できますが、全く味が変わってしまいます。
★フレッシュミント ひとつかみ(20cm長さのものを7~8本、実際は適当)
★角砂糖 適量(お好みで)
※モロッコでは、円錐形の大きな砂糖の塊をハンマーで割って使ったりします。
■淹れ方
①ポットに熱湯を入れ1分ほどポットを温め、お湯を捨てる。茶葉を入れてさらに少量の熱湯を入れ、一回お湯を捨てる。
②フレッシュミント、角砂糖を入れる。
③高い位置から熱湯を入れる。
④フタをせず、しばらく火にかける。
⑤茶葉が開いたら、まず1杯分だけグラスに注ぎ、ポットに戻す。これを2回繰り返し、高いところから人数分コップに注ぐ。
※グラスにフレッシュミントを入れるか、入れないかはお好みで。もちろん入れるとミントの香りが更に引き立ちます。
※砂糖は、はじめからポットに入れるのではなく、後からグラスに入れてもOKです。
コップに数回注ぐのは、中の葉が混ざるため。
美味しく淹れるポイントは、高いところからジャバジャバ注ぐこと。
これで、泡立ちますが香りもたちます。
甘さはお好みによって調節を。
フレッシュミントを長めに火にかけると、苦味が気にならなくなります。
是非、お試しを。
因みに砂漠のベドウィンの人たちは、ドライミントを使って、お茶と一緒に煮立ててしまいます。苦味が強いですが、砂糖を多めに入れると非常に美味しいです。ベドウィン・スタイルであれば、ホーローのポットを直接炭火の上に置いて煮立ててしまうと、雰囲気が出ます。野外向きですね。