砂漠で飲むビールは極上!南部アフリカ、ナミビアビール

5月も末に差し掛かっていますが、日ごと暖かくなってきました。管理人の地元の駅ビルでは昨日21日に屋上ビアガーデンがオープンしました!お酒を飲む方にとってはビールがおいしい時期(好きな方は1年中ビールばかりなのかもしれませんが・・・)になってきましたね。
アフリカ諸国でも、厳格なイスラム教国を除いて各国でご当地ビールが何銘柄も作られ、かつ消費されています。
弊社スタッフの中でも「ビール党」を自認しているスタッフの間では、やはり旧宗主国がドイツだったナミビアのビールが特に人気があります。”ナミビアと言えば砂丘!”、というより”ナミビアと言えばビールでしょ!!”というスタッフの方が多いかもしれません。

いくつも銘柄のあるナミビアビールの中でも、人気を二分する銘柄は、「TAFEL」と「WINDHOEK」。特に軽い口当たりでさっぱりした味わいの「TAFEL」は、乾燥したナミビアの気候によく合い、非常においしいです。
実は弊社のナミビアツアーはキャンプツアー、ロッジ泊ツアーにかかわらず、お酒(ワインとビール)が飲み放題。ツアー代金に丸々含まれています(経費としてツアー代金に上乗せしているわけではありません、ビールとワインが極めて安いからなんです)。
砂漠やサバンナで飲むお酒はまた格別です!ビール好き、ワイン好きの皆さん、ぜひナミビアへ一度足を運んでみてください!
ビールが美味しいナミビアのツアー一覧はこちら。