横浜市立金沢動物園でオカピを撮ってみた

コンゴ民主共和国のイトゥリ熱帯林に生息する珍しい動物『オカピ』。脚にあるシマウマの様な模様が特徴的です。
昨日6月21日は「世界キリン・デー」でしたが、実はオカピもキリンの仲間。キリンと同じく頭に角が生えているので、言われてみればそんな気もします。そんなオカピを、金沢動物園で撮影してきました。

金沢動物園にいるオカピは、ズーラシアからやって来た国内最年長のキィァンガ(21才♂)。展示エリアを大きく周回するように歩きながら、エサや生えている草をゆったりと食べていました。柵のすぐ近くも頻繁に歩くので、至近距離で観察することができます。

展示エリアはとても広く、草木も多く生えています。金網もないので撮影しやすく、人工物を入れずに自然の中にいるイメージで撮影できました。

金沢動物園は人も多くなく、のんびりした雰囲気の動物園でした。皆さんもオカピに会いに行ってみてはいかがでしょうか。
by 斎藤