コートジボワールの郵便事情

コートジボワールでの最初の郵便事業は、フランスの植民地時代の1843年7月29日にアッシーニで最初の郵便局が開局して以来、いくつか会社形態が変わったものの1998年6月30日POSTE DE COTE D’IVOIRE(ポスト・ドゥ・コートジボワール)になり現在に至っています。

現在コートジボワール国内に196の郵便局を持つ、ポスト・ドゥ・コートジボワールは、ほぼ日本と同じ郵便業務と貯金業務を行っております。違いは、個別配達をしないこと、保険事業はやっていないこと、EMS(国際スピード郵便)の取り扱いがないことが大きな違いです。
EMSに関しては、フランス企業のクロノポスト・コートジボワールが、集荷と配達をしています。
コートジボワールの場合は、普通郵便や小包は個別配達がないので、私書箱に定期的に見に行って、郵便物を届いていないか確認をする必要があります。
ポストはあまりなく、切手の売りさばき所も少ないので、たいていは郵便局から投函することが多いようです。
2016060802
by 虎