ラマダンについて

今年のラマダン(断食月)は間もなく7月17日に終了します。

日本では、ラマダンについては理解されていないことが多いようですが、1ヶ月ずっと食事を断つ、または1日中食事だけ摂れない、ということでもありません。
わかりやすく言えば、日の出から日の入りまでの間、一切の飲食、つまり食べる・飲むことを断つことをいいます。貧しくてお腹のすいた人の気持ちを理解するためです。
日の入りを迎えるとともに胃に優しいおかゆなどの軽食、そのあとはいつもよりちょっと豪華な食事、そして日の出の前にはもう一度軽い食事、というのが一般的なようです。
イスラム歴は西暦とは異なるため、西暦でいえば毎年11日くらい早まることになります。
今年のラマダン開始日は6月18日で、来年の予定日は6月6日。
一巡するのには33年くらいになるので、ムスリムは人生で同じ季節のラマダンを2度経験する」と言われているそうです。
ラマダン明けの予定日である7月17日または18日にムスリムの多い地域へ滞在される方は、ラマダン中の断食、またはラマダン明けの盛大な祭りを体験することができる1年に1度のチャンスです。
by KQ