タンザニアのアーティスト?

タンザニアで若者に職業を尋ねると、驚くほど「アーティスト」や「歌手」が多いです。音楽が大好きな若者は作詞作曲し、自作の曲を作り、自作のスタジオで収録するのです。

町の外れに行くとstudioと書かれた小屋のようなものや、楽器の絵が描かれた建物をよく目にすると思いますが、それらがまさにスタジオなのです。
従来の建物でそのまま録音すると、反響音であまり環境は良くありません。そこで彼らは自分たちで工夫して録音する為の環境を作るのです。反響音を減らす為に部屋の壁にはスポンジや卵の入っていた容器などがびっちり張られています。
マイクや、ヘッドホン、編集用のパソコンや大きなスピーカーなどなど、きちんと環境が整っていて、彼らの音楽にかける情熱にびっくりします。残念ながらほとんどの曲はアメリカナイズされたラップ調の曲ですが。
それにしてもスタジオまで自作してしまう情熱は見習いたいものです。
写真は学生時代に友達に連れられて行ったスタジオです。
by 菊地佑介