全長1.5キロ、工期25ヶ月、総工費284億円をかけたPONT HKB

アビジャンに来たことがある人で交通渋滞に合わなかった人は、ラッキーな人だと思います。
帰宅ラッシュの17時から19時の間は、ラギューン(エブリエ潟)に架かる二つの橋(シャルル・ド・ゴール橋とフェリクス・ウフエ・ボワニ橋)を中心に渋滞が発生します。
アビジャン在住中はココディ(文教地区かつ外国人の多い地区)に住んでいて、ラギューンの対岸のトレッシュビル、ポールブエ、リビエラなどに行って、帰りが上記の時間になると、必ず渋滞に巻き込まれヘトヘトになって帰宅していました。

その渋滞ゆえ、15年近く前から、第3架橋の計画がされて、施主も決まったところで、コートジボワール内戦に突入して、手続きが中断していました。
内戦終結とともに、ワタラ大統領の手で第3架橋の建設が開始され、12月16日に、ワタラ大統領夫妻、HKBことアンリ・コナン・ベディエ(Henri Konan Bedie)元大統領夫妻が参加して開通式が行われました。

全長1.5キロ、工期25ヶ月、総工費284億円をかけたHKB橋(PONTはフランス語で橋)は、ココディ地区とマルコディ地区を直接結び、アビジャン空港からココディまでの大幅な時間短縮が見込まれます。
年内は無料なようですが、来年より普通車は1台あたり500CFAフラン(約120円)の通行料がかかります。アビジャン・ドット・ネットでのアンケートでは半数近い人が、通行料が高いと感じているようです。

アビジャンにお越しの際は、渡ってみたらいかがでしょうか。
コートジボワール旅行・ツアー一覧