Africa Deep!! 47 エチオピアに美人が多い、という話は本当なのだろうか

旅好きの男同士の会話なら、きっとこういうのがあるはずだ。「で、どこの国の女性が一番美人だった?」 もしかしたら女性同士の会話にも、「どこの国の男が……?」というのがあるのかもしれない。いや、きっとあるはずだ。
美の基準は人それぞれだから、まあこの手の会話はだいたいが他愛のないものが多い。しかし、旅行者の間ではかなりの確信を持って流布している噂もまた結構あるものなのだ。たとえば、中南米の美人国ベストスリーといえば、コロンビア、チリ、コスタリカの3Cだよね、といった類の。
では、これをアフリカという括りにしたらどうなるか。僕はこれまで、ここがベストスリーだ、という話は聞いたことがないが、「この国!」というのは何人からも聞いたことがある。それは、エチオピアである。
かなり前にアジスアベバへ行ったとき、たまたまミス・アジスアベバのコンテストがあるという話を聞きつけた僕は、現地に駐在する友人ら四人でそれを観に行った。高級ホテルに設置されたショウの舞台はなかなか本格的で、鼻の下を伸ばして見入っている男どもがたくさんいた。もちろん僕たちもその一部である。
街を歩いていても、たしかにときどきびっくりするぐらいの美人がいる。アフリカ一の美人国という評判はまんざらでたらめでもないと思う。エチオピアの建国伝説によると、紀元前に栄えたシバの女王とソロモン王との間にできたメネリクⅠ世がエチオピアの父祖とされている。そしてシバの女王は絶世の美女であったともいわれている。
シバの国はイエメンあたりにあったと推定されているから、アラブの血とブラックアフリカの血が混じりあったために、現在のような混血美人が生まれたという考え方もできるかもしれない。
参考までに、これまで60回ほど開かれているミス・ユニバース世界大会では、アフリカ勢は三度栄冠に輝いている。南アフリカ、ボツワナ、ナミビアの出身者だ。エチオピア出身者はまだいない。何度もいうようだが、美人の基準は人それぞれ。何はともあれ、旅人ならば真偽を確かめに、一度はエチオピアへ出向いてみたらどうだろうか。
写真・文  船尾 修さん

船尾修さん
1960年神戸生まれ。写真家。1984年に初めてアフリカを訪れて以来、多様な民族や文化に魅せられ放浪旅行を繰り返し、いつのまにか写真家となる。[地球と人間の関係性]をテーマに作品を発表し続けている。第9回さがみはら写真新人賞受賞。第25回林忠彦賞受賞。第16回さがみはら写真賞受賞。著書に「アフリカ 豊穣と混沌の大陸」「循環と共存の森から~狩猟採集民ムブティ・ピグミーの知恵」「世界のともだち⑭南アフリカ共和国」「カミサマホトケサマ」「フィリピン残留日本人」など多数。元大分県立芸術文化短大非常勤講師。大分県杵築市在住。
公式ウェブサイト http://www.funaoosamu.com/