コートジボワール、アビジャン市民のお助け外食 「アチェケ」

コートジボワールの主食というと、お米、ヤムイモ、プランテンバナナ、キャッサバなどいろいろあります。それを炊いたり、蒸したり、もちにして、肉と野菜を一緒に煮込んだソース(シチュー)と一緒に食べます。

今日はキャッサバを加工して作られるアチェケを紹介したいと思います。アチェケは、キャッサバの皮をむき、機械ですりつぶした後、キャッサバから水分を出し乾燥をさせます。それから、日陰で干した後に、火を通して、袋に詰めて出来上がりです。

皮をむかれる前のキャッサバ
皮をむかれる前のキャッサバ

モーター付の機械で水分を絞りきります
モーター付の機械で水分を絞りきります

袋に詰めてできあがり
袋に詰めてできあがり

アチェケはアビジャン市民のお助け外食で、安くてお腹にたまるので、非常に愛食されています。ガルバはその一番ポピュラーな食べ方で、お皿にアチェケを盛り、それにマグロなどの竜田揚げをのせ、アフリカの唐辛子をのせ、塩と油をかけて出来上がりです。
私の住んでいた家の近くでは、マダムMが作るアチェケのソースがうまくて、お昼の時間には行列ができていました。魚1匹(おそらくスズキなど)をまるまる揚げてあり、それにトマト、唐辛子、たまねぎ、油をかけて食べるのですが、ガルバよりもおいしくて、よく食べていました。
マダムMお手製の揚げ魚と特製ソースを添えたアチェケ
マダムMお手製の揚げ魚と特製ソースを添えたアチェケ

アビジャンにお越しの際には、アチェケを食べてみてはいかがでしょうか?
by 虎