マリを知るための58章

「○○を知るための○○章」シリーズの最新作として
「マリを知るための58章」が11月15日に出版されます!

歴史、民族、4つの世界遺産、文化、食事、音楽などなどいずれもこれぞマリ!という内容がそれぞれの章で紹介されていて、かなり充実した一冊。
歴史ひとつをとっても、当時ヨーロッパで「金がにんじんのように採れる」と噂にもなったガーナ王国、マリ帝国の始祖であるスンジャタ・ケイタ、エジプトの金を暴落させたという王様のメッカへの巡礼などたくさんの逸話が残るマリ。
いくつもの王国が繁栄をとげた華やかな歴史があるからこそ、マリの人たちは自身の国に誇りをもてるのだろうと想像できます。
また身近に感じることのできる、食のこと、布のことについての話も面白く、マリの人が「食道楽、着道楽」と呼ばれる理由がよくわかります。
お勧めの一冊です。
by KQ